掃除機の収納場所や種類別の収納方法についてご紹介します!

掃除機の収納場所や種類別の収納方法についてご紹介します!

「日常的に使う掃除機をどこに収納すればいいかわからない」、「毎日の掃除を楽にできるような場所に収納したい」とお考えの方が多いと思います。
そこで今回は、掃除機の収納場所のポイントをご紹介します。

□掃除機の収納場所のポイントをご紹介!

掃除機は、本体、延長管、ホースの部分に分かれていてコンパクトに小さくまとまるのが難しく収納に適した場所はどこがいいのかお悩みの方も多いと思います。
そこで、掃除機の収納場所を決めるためのポイントをご紹介します。

1つ目は、使いやすく使用頻度の高い場所に置くことです。
日常的に使う掃除機は、簡単に取り出せる場所に置くことが大切です。
たとえば、リビングや廊下、キッチンなどは家族全員が集まり、出入りが盛んな場所です。
そのため、リビングや廊下、キッチンのそばに掃除機が収納されていれば、簡単に取り出し掃除ができます。

2つ目は、押し入れやクローゼットに収納することです。
掃除機をすぐ利用するために壁に立てかけておく方もいますが、1人暮らしや少し小さめの部屋に住んでいる場合は壁に掃除機を立てかけるだけでも幅を取ってしまいます。
これを防ぐために、比較的大きい掃除機は押し入れやクローゼットなどの空いてる場所に収納すると、部屋を広く見せられます。

□掃除機の種類別の収納方法をご紹介!

掃除機は種類によって大きさや形が異なるので掃除機の種類に合わせて収納方法を考えることはとても大切です。
家庭で使われる掃除機のタイプとしては、ダストボックスやモータを搭載した本体にホースとノズルがついているキャニスタータイプ、キャニスター掃除機よりも小さく小回りが効くスティックタイプ、一番コンパクトで片手で使えるタイプのハンディタイプの3つのタイプがあります。

キャニスタータイプは、ホースやノズルがついているので収納幅を大きく取ってしまいます。
そのため、壁には立てかけずに空いているクローゼットや押し入れに収納するのがおすすめです。
スティックタイプの掃除機は、スリムな形で幅もあまり取らないことからそのまま壁に立てかけたりと「見せる収納」タイプが主流になっています。

また、ハンディタイプの掃除機は、狭い隙間や空間のお掃除が簡単にできるコンパクトなタイプです。
リビングやキッチンなどすぐに使えるような場所に置いておくと簡単に掃除ができます。

□まとめ

今回は、掃除機の収納場所や種類別の収納方法についてご紹介しました。
掃除機の収納場所や種類別の収納方法についてお悩みの方は本記事を参考にして頂けたら幸いです。